スマートフォン表示に切り替える

株式会社ファーマシィ

会社案内採用情報総合お問い合わせ
-

よりよい薬局作りをめざして

-

HOME > よりよい薬局作りをめざして > かかりつけ薬剤師のいる薬局

かかりつけ薬剤師のいる薬局

かかりつけ薬剤師のいる薬局

かかりつけ薬剤師とは

「かかりつけ薬剤師」「かかりつけ薬局」をお持ちですか?

お薬の治療効果を確認することで、服薬を支援し健康等に関する相談をいつでも気軽にできる、「かかりつけ薬剤師」「かかりつけ薬局」を決めておくことをお勧めします。
患者さんご自身が信頼のおける薬剤師を「かかりつけ薬剤師」としてご指名ください。
かかりつけ薬剤師として指名できる薬剤師は、一定以上の経験や知識(研修など)の基準をクリアし、国に届出を行った薬剤師です。よき相談相手として薬剤師を上手にご活用ください。また、薬に限らず健康管理のお手伝いをいたします。

CHECK

  • かかりつけ薬剤師が専門性を発揮して、患者さんが他の医療機関で受け取ったお薬や市販薬などをまとめて継続的に把握し、重複したお薬や飲み残しがないか確認します。そして、お薬の効果、副作用、飲み合わせ、お薬の種類や量が適切か確認して、服薬の説明を行います。

このような患者さんにはかかりつけ薬剤師を特にお勧めします

CASE1複数の医療機関にかかっている方

患者さんがかかりつけ薬剤師・薬局を利用することによって、服薬情報が一つにまとまり、飲み合わせの確認や残薬の管理など安心できる薬物療法を受けることができます。

CASE2慢性疾患をお持ちの方

生活習慣病などの慢性疾患をお持ちの方や、症状が重かったり、希少な疾患をお持ちなどで高度な薬学管理が必要な方には、日頃から健康管理に関する支援や助言を行うことが可能です。

CASE3お薬の服用や体調の急変が心配な方

乳幼児、妊婦さんなど体調の急変が心配な方は、お薬の飲み間違いや飲むタイミングなどの相談を、夜間や休日問わず、薬剤師が電話で対応しますのでご安心ください。

CASE4服薬剤数が多い方、お薬の管理が難しい方

高齢者をはじめ、医療機関から処方されるお薬の量が多い方やご自分ではお薬の管理が難しい方は、薬剤師が飲みやすいようにお薬の管理のアドバイスを行います。

ファーマシィの取り組み

複数の医療機関・診療科を受診している場合、同じような薬を重複して飲んでいないか、飲みあわせの悪い薬がないか服薬情報を管理するのは難しいです。他の医療機関で受け取った薬や市販薬などをまとめて継続的に把握して、適切な治療を受けるためにもかかりつけとなる薬剤師・薬局を選びましょう。

  • 患者さんごとの薬のカルテを記録

    安心してお薬を服用いただけるように、患者さんごとの薬のカルテを記録しています。 体質(アレルギー歴など)や生活習慣(食べ物など)、今までの服用薬の記録、副作用があったお薬の名称等の記録を行っています。

  • 薬の飲み合わせなどをチェック

    新しいお薬が出たときや、複数の医療機関を受診している場合は、同じような薬が重複していないか、飲み合わせの悪いお薬が出ていないかなどをチェックします。

  • 薬の効果や副作用の有無などをチェック

    服用しているお薬で副作用が出ていないか、効果がしっかり出ているかをチェックします。

  • 服用に関する支援や相談対応

    飲み忘れや飲み残しがある場合には、服用しやすいようにお薬をパック(一包化)します。
    また、服用しにくいお薬がある場合には、かかりつけ医と相談してお薬の変更を行います。

  • 健康や体調に関するサポート

    一般用医薬品やサプリメント、健康食品のご相談や、健康や体調に関するサポートを行います。

  • 自宅での治療のサポート

    在宅医療(ご自宅での治療)になった場合でも、これまでと同じ薬剤師がご自宅まで伺い、医師やケアマネジャーなどと連携しながら、お薬の服用についてサポートを行います。

CHECK

かかりつけ薬剤師指導料・かかりつけ薬剤師包括管理料の算定について

かかりつけ薬剤師からサービスを受ける場合「かかりつけ薬剤師指導料」「かかりつけ薬剤師包括管理料」がかかります。

 
  • ※かかりつけ薬剤師指導料(70点)
  • 現在のご負担額から追加して60円〜100円(3割負担の場合)ほどご負担いただくことになります。

  • ※かかりつけ薬剤師包括管理料(270点)
  • 3割負担の場合810 円ですが、調剤基本料と調剤料のご負担は生じません。

  • ※薬局によっては、限られた薬剤師しか該当しない場合や、かかりつけ薬剤師が在籍しない場合があります。
PAGE TOP